アフィリエイト2か月目でAPSの担当がついた話

担当

アフィリエイトをするためにASPへ登録したのですが、広告ごとに疑問点や不安要素が出てくることがあります。
ただ、ASPのお問い合わせで質問しても2、3日または連休の場合は一週間ほど待たなくてはなりませんし、一度の返信で解決することも少ないため時間がかかってしまします。

そこで、今回は私が実際に担当がついたときの経験談をご紹介します。

担当者がつくまでの話

担当がつくまでは、いろいろなASPを利用し問い合わせフォームから質問などをしていました。
まだまだ駆け出しのアフィリエイターには、回答までに時間がかかりストレスになっていました。

そこで、担当が付きやすいASPを探し、afb(アフィb)(旧アフィリエイトB)に登録しました。

カンファレンスバナー

登録して一週間たたないくらいで、一通のメールがafb(アフィb)から来ました。内容はクローズ案件の紹介でした。(たまたまかもしれませんが、こんな弱小アフィリエイターの私にも、クローズ案件の話を持って来てくれるのは素直に嬉しかったです。)
案件はその時私が探していた広告だったため、すぐに提携のお願いと合わせて質問をしたのですが、次の日に返信がきました。

めっちゃ早い!

副業で、限られた時間の中でアフィリエイトをしている私としては助かりますし、同じ方が返信して頂けるためスムーズにやり取りすることができました。
そんなやり取りをしていたら、いつの間にか担当になってもらえました。

ちなみに私のafb(アフィb)での成果は0の時の話です・・・

担当者がついてよかったこと

  • 質問の返信が早い
  • 取材など広告主にお願いしてくれる
  • モチベーションがあがる

担当についてもらったからには、成果を上げて恩返し?がしたいと思いモチベーションが上がりました。

担当についてもらうために私たちができること

担当についてもらうために私たちができることは限られますが。

問い合わせフォーム以外でも、担当になってもらえるチャンスがあります。

それは、各ASPが開催しているセミナーに出席すること
セミナーではASPの方が会場に来られるため、そこで担当者が付いた方もいるみたいです。
また、セミナーにはアフィリエイターの人達とのつながりもできるため、情報交換の場にもなるでしょう。

まとめ

担当がついてもらえたら取材の時に同行してもらえたり、メリットが大きいです。
いろいろなASPがありますので、まずはメインで利用するASPを決めることをおすすめします。

カンファレンスバナー

【2017年】登録してみてわかった初心者に本当におすすめのASP

2017.05.23

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です